豆知識 コーナー                          2003年5月〜

   車両電装品・用品・取扱い製品等について、ちょっとした豆知識のコーナーを設置しました。
   内容はこれから追加していきます。

 

  2016年12月29日  ADAS(エーダス)    
   ADASとは「Advanced Driver Assistance System」の略称で、日本語では、先進運転支援システムと言います。
   今回、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)が定義した4つの自動運転レベルおよびそれを実現する
   自動走行システムの定義をご紹介します。国としては2020年までに交通事故死者数(事故後24時間以内の死者数)
   を2,500人以下とし世界一安全な道路交通を実現することを目標としています。交通渋滞の緩和、高齢者の移動支援
   子供も簡単に移動できる自動運転の実現により全人類がその恩恵を受けられるシステムが考えられています。
   既に世の中には、レベル1とレベル2を実現するシステムとしてアダプティブクルーズコントロール(ACC)や、レーン
   キーピングアシストシステム、衝突回避支援システムなどが実現されています。DENSO の取り組みや製品技術の
   ご紹介をこちらにリンクします。クリックしてご覧下さい。

 

  2003年7月21日  デンソーカーパーツウェブ    
   豆知識を更新していないので、カーエアコンの説明でも書こうかなと思っておりましたが、デンソーさんの
   カーパーツウェブには、エアコンだけでなスタータ・オルタネータ・噴射ポンプ・点火装置・メーター・ABS・
   ドアロック等、何でも解説してくれているのでアドレスのみご案内しておきます。カーパーツウェブの文字
  
から、リンクしております。プラグやコーナーセンサーなどの説明も載っています。
   これだけ読めばもうあなたはずいぶん車の電装関係に強くなれますね。
 

  2003年5月25日  ETC  (Electronic Toll Collection System)   
   ETCは、現在、有料道路の料金所で行われている現金、回数券、プリペイドカードなどの手渡しに代わる
   新しい料金支払いシステムです。 料金所に設置した道路側アンテナとクルマに装着した車載器間で
   無線通信により料金情報を交換します。従来の収受員とやりとりすることなく料金支払いが行われるため、
   料金所 をノンストップで通過することが可能になります。詳しくは、こちらでご覧下さい。今年中に国内の
   全料金所に設置予定です。前払割引を利用すると、料金が安くなります。
   ※ よくある質問ですが、ETC車載器はその車の情報をセットアップしますので付替えの時は再セットアップが必要です。

    ETCカードは個人(法人)で登録するカードですのでその車だけでなく他の車のETC車載器にも使えます。
      レンタカーにETC車載器が付いていてあなたのカードを使えば料金はあなたの銀行口座より引き落としになります。

 

  2003年5月20日  ディーゼル車規制  (ディーゼル車が走れなくなる?) 
   1.平成15年10月1日から、東京・埼玉・千葉・神奈川の1都3県で条例に適合しないディーゼル車は
    地域内での走行が禁止されます。PM規制です。詳しくはこちらを見てください。この規制にディーゼル
    乗用車は対象外ですが、NOx・PM法の対象になると継続検査(車検)が受けられなくなります。     
   2.自動車のNOx・PM法により、ディーゼル車は指定された地域での継続車検が受けられなくなります。
     平成14年8月頃から車検の際に車検証の備考欄に排出基準の適否、使用可能最終日などが記載
    されています。群馬県は、対象外のようです。 参考にいすゞ自動車のHPをご覧下さい。
 

  2003年5月18日  フロン規制
   フロン規制が1989年から始まり、1992年11月の国際会議でカーエアコン用冷媒、フロン12(CFC12:R12)も
   規制強化の対象となりました。1996年以降は生産中止となり、(輸入も禁止)カーエアコンは、オゾン層
   破壊しない代替フロン(HFC134a:R134a)を使用する事になりました。
   現在も、R12の冷媒を使った車両はたくさん走っておりますが、車両を廃車するときなどは回収破壊する事が
   義務付けられております。R12ガスは、現在入手困難で高額の為、R12のガスを使っているカーエアコンを
   従来のエアコンパーツを一部交換してR134aのガスを利用する“レトロフィット”という作業で使用することも
   出来ます。しかし、R12仕様のシステムのままで対応するため熱交換効率が減少し、性能の5%〜15%の
   低下や、R134aガスは圧力が高いため、10年以上使用したエアコンパーツへの負荷の増加があります。
   また、炎天下の渋滞時等には高圧プレッシャースイッチが作動して、コンプレッサーが止まってしまう事も
   発生します。私の車も平成4年のR12仕様ですが、このまま壊れないよう祈りながら使おうと思います。
 

  2003年5月13日  イモビライザーシステム  (自動車盗難防止システム)
   エンジンを始動させない仕組みの事です。簡単に説明しますと、キースイッチにトランスポーターという部品が
   組み込んであり、車両側にイモビライザーユニットが付いております。キースイッチをオンするとイモビライザーが
   トランスボーダーに認識符号(ID)を聞いてきます。トランスボーダーが応答した認識符号が正しいと確認できれば、
   イモビライザーはエンジン制御コンピューターにエンジンを始動しても良いという信号を出します。
   信号が合わなければエンジンは始動しません。このシステムは、電気配線をショートしたり、イモビライザーを
   取り外したり、無効にした場合でもエンジンコンピューターは応答せず、エンジンは始動できません。
   キースイッチに電池は必要なく、電池切れの心配もありません。ユーザーはイモビライザーが付いていることを
   意識せずに、普通の車両と同様に使うことが出来ます。カギ屋さんでスペアキーを作ってもらっても、エンジンは
   かかりません。特殊な技術で通信しております。最近の新車は標準装備やオプション設定されている車が
   多くなりました。ヨーロッパでは義務付けの国もあるようです。
 

  2003年5月11日  バッテリー   
   型式の見方: 80D26R などの表示が有りますが、
   80 は、バッテリーの総合性能で大きい方が性能が良い。
   D  は、短い方の側面積で規格で決まっています。Aサイズ、Bサイズと、Hサイズまで有る。
   26 は、長い方の側面の長さで26は26cm。自動車用は、17cm〜52cmまで有る。
   R  は、バッテリーの端子位置で R と L が有る。
 
   +端子を自分に向けて、右にあれば R 左にあれば L となります。
   車種別の適合表は こちら